色素沈着型ニキビ跡の治療

色素沈着型ニキビ跡の治療

色素沈着してしまったニキビ跡はメラニン色素が沈着してしまっていることと肌のターンオーバーが正常に機能していないことが要因で起こります。

治療するには、沈着してしまったメラニンを除去し、肌のターンオーバーを活性化させる必要があります。

メラニンを抑制させるにはビタミンC誘導体をイオン導入する方法ですが、背中にできてしまったニキビ跡のようにイオン導入が出来ない場合「新型ビタミン誘導体」配合の化粧水をオススメします。

この化粧水は従来のビタミンC誘導体に比べると100倍の浸透力があると言われています。

また肌のターンオーバーを促すピーリングをして、古い角質を剥がし、皮膚の奥にあるメラニンを表面に浮き上がらせ排出を促してくれます。




サーバー