凹タイプのニキビ跡の治療

凹タイプのニキビ跡の治療

ニキビ跡は皮膚へのダメージが原因です。
皮膚へのダメージを受けると、怪我をしたときと同じように、皮膚に傷がつきます。

この傷は凸タイプのように盛り上がる場合と、凹タイプのように凹む場合があります。この凹タイプのニキビ跡は皮膚のダメージで皮膚の一部が損失してしまいくぼんでしまった状態です。

凸タイプのニキビ跡にも「ピーリング」は効果的です。
その他には、「コラーゲンの生成」です。難しく聞こえるかもしれませんが、真皮の70%はコーラゲンで出来いていると言われているので、コラーゲンを生成を促すことがニキビ跡の治療に繋がるのです。

コラーゲンの生成を促すために、自宅でできること。
それは、「ビタミンC誘導体の化粧品」を使うことです。
さらに効果的なのが、水溶性ビタミンCを「イオン導入」する方法です。

「イオン導入」をすることで、真皮までビタミンC誘導体をしっかりと浸透させることができるのです。

ビタミンC誘導体の化粧品いがいにも効果的なのが「キトサン」です。
「キトサン」は医療現場で手術用の縫合糸や人工皮膚などに使われていて、この「キトサン」はが肌に入ると肌の表面に人工皮膚膜を作るのだそうです。

凹ニキビ跡にこの人工皮膚膜ができると「正常な皮膚ができた」と勘違いして、肌の再生を促し、これの繰り返しで少しずつ肌は本来の再生能力を取り戻してくれます。




サーバー