皮膚科の薬

皮膚科の薬

皮膚科で処方される薬は基本的に内服薬塗り薬の2種類で、どちらにしても抗菌剤と抗生物質を含んでいます
内服薬では皮脂の分泌をコントロールしたり、ホルモンのバランスを整えるためにホルモン剤やビタミン剤を含んだ飲み薬を処方される場合もあるようです。

塗り薬菌の繁殖やニキビの炎症を抑える効果のあるものが基本で抗生剤や抗生物質以外にもステロイド系のものも処方されることもあります。

ただ、外用薬の場合、長く使うと副作用の出たりするので、定期的に皮膚科を受診するようにしたほうが良いでしょう。




サーバー