アレルギー

アレルギー

アレルギーで起こる背中ニキビにはアクネ菌とも深く関係しています。
アクネ菌は皮脂を食べると説明しましたが、排泄物もだしているのです。その排泄物がアレルギーを引き起こす原因となるのです。

このアレルギー反応が起きると症状として、毛穴の炎症が起こり、赤く腫れ上がるといったものがあります。
「赤にきび」と言われる背中のニキビの原因もこのアクネ菌の排泄物からくることが多いのだそうです。

アクネ菌以外にアレルギーが出る原因は「バクテリアの繁殖」が挙げられます。

バクテリアは「紅斑」といわれる皮膚がダメージを受け赤くなったところから感染し背中ニキビの原因を作っています。

また、何もケアをせずにそのままの状態にしておくと、皮脂の過剰分泌や古い角質により毛穴がふさがり、白ニキビや黒ニキビを作る原因にもなります。

ニキビが腫れて炎症を起こしてしまった経験のある方もいらっしゃるとおもいます。
その原因もバクテリアなのです。バクテリアは皮脂を脂肪酸へと分解することでニキビが腫れてしまい炎症の原因になるそうです。

このような菌の繁殖を防ぐためにも、お肌だけでなく、毛穴も清潔な状態に保つように心がけていかなければいけません。




サーバー