乾燥

乾燥

肌の乾燥も背中ニキビの原因の一つです。

肌は通常約28日周期で生まれ変わる(ターンオーバー)のですが、肌が乾燥していると皮膚が硬くなり角質も厚くなるために、この周期が乱れてしまいます。
そして剥がれ落ちるはずだった古い角質が毛穴を塞いでしまい、背中ニキビにつながることがあるのです。

特に冬場に背中ニキビの出来る人には、乾燥していることが原因だと考えて良いと思います。

また、脂肪分の高い食事や、アルコールの摂り過ぎ多忙のための徹夜ストレスなどが原因で身体の抵抗力が落ちてしまい、肌のターンオーバーが乱れ、その結果乾燥肌になり背中ニキビができてしまうこともあります。

乾燥からくる背中ニキビには肌を保湿するだけでなく、自分の生活習慣を見直す必要があるということですね。




サーバー