アクネ桿菌(かんきん)

アクネ桿菌(かんきん)

背中ニキビの原因の一つとして「アクネ桿菌」という細菌があげられます。
このアクネ桿菌は、毛穴が皮脂を出そうとするときに、毛穴の汚れなどにより皮脂を出せず毛穴が詰まったりすると繁殖する菌です。
詰まった皮脂をエサにし、皮膚に炎症を及ぼす物質を作り出すと言われています。

こうして皮膚が炎症して化膿してしまうことで背中ニキビができてしまうのです。

背中に汗をかき何の処理もせずに放っておいたりすると、このアクネ桿菌が繁殖しやすくなり、背中ニキビの原因になるので注意が必要です。締め付けの強いブラジャーや化学繊維の下着などは汗がたまりやすいので気をつけてください。

アクネ桿菌の繁殖を防ぐことが背中ニキビを増やさないためにも大切だということですね。




サーバー